マニアックな人に向いている海外のレンタルサーバー

subpage1

レンタルサーバーは世界各国にあり、日本からでも契約できるところは多いです。



お金の振り込みはクレジットカードを使えば済みますし、IDやパスワードはメールで送ることができるので、銀行や郵便を使う必要がないので、契約元と契約者の国が違うということがあまり問題にならないのです。

あなたに合ったlivedoorニュースについての詳細な情報を知りたいならおオススメのサイトです。

もちろん、マニュアルは英語や現地の言葉になりますが、ウェブサーバーで使う言葉は基本的に英語であり、一度でも、日本で利用した経験があればほとんどハンデになりません。

国内のレンタルサーバーの方が速く、またサポートも期待できますが、あまり人が利用していないサーバーを使いたいというのであれば、選択肢として面白いといえるでしょう。
では、利用するにあたってどのようなことに気をつけるべきかというと、回線の速度です。

海外のサイトにアクセス経験がある人は理解しているはずですが、国内のサイトに比べて、すべての反応が遅く、もっさりとしています。

なので、訪問者を少しでも待たせるとデメリットになるようなサイト、たとえばオンラインショップの運営などに使うのには向いていません。


回線の速度は基本的に日本からどれぐらいサーバーが離れたところにあるかで決まります。

VPSに関するアドバイスです。

また、回線の太さも重要です。

日本とアメリカの回線は太く、高速でのやりとりが可能なので、アメリカのレンタルサーバーは海外のサーバーの中では速いですが、ヨーロッパは各国ともそれほど回線が太くないので、アメリカのサーバーほど速度が出ません。

なので、契約するのであればアメリカのサーバーが無難です。